車の買い替えには、車の装備としてカーナビの設定のある車種が有力候補で、カーナビの種類も重要です。

車を買ったらカーナビはマストです

Topics
車を買ったらカーナビはマストです

カーナビのつけれる車種を選ぶこと

車の買い替えの時に意識するのは、外観もそうですが、装備品としてカーナビがある車種にすることが大事でした。
スマートフォンや携帯電話にも、ナビアプリや機能がついたものもあり、数点使ってみたことがありますが、やはりナビ専用機というものにはかなわないといった感じでした。

音楽を聞きながら、ナビゲートしてもらえることや、DVDを後席のモニターに映してドライブを楽しくさせてくれたりと、ナビ専用機はそれなりの機能を持っていると思いました。
自分一人で運転をするだけのセカンドカーならナビアプリでも十分に対応できるのですが、やはり家族全員で乗った時にはナビ専用機の実力は欠かせないものでした。
そうしたことから車の買い替えの時にはその車種にはどんな種類のカーナビがつけれるのか、メーカー純正、ディーラー純正、社外品などありますが、どれをつけることができるのかも車選びの重要なポイントでした。
私はメンテナンスのことも考えて、出来るだけメーカー純正かディーラー純正のカーナビをつけたいと思っていました。
社外品にはメーカー純正やディーラー純正とは違う魅力のある機能がついていますが、日頃からカーディーラーに顔を出すことが多いのでメンテナンスをしてもらう意味でも有利ではないかとディーラー純正を選ぶことにしました。
ナビ専用機の中には音楽もCDから取り入れることで運転中の快適な時間を過ごせますし、CDを取り替えることなく音楽を流したままにできるのもカーナビの魅力だと思います。
もちろんスマートフォンでも音楽を聴いたりできるのですが、やぱりそれは一人だったらそれでいいのですが、家族で車に乗る時にはそういうわけにはいかないもので、やっぱりナビ専用機が必要だと思いました。
ますます機能が充実してくるカーナビですが、一番のポイントは地図の更新です。
これができるものはカーナビの本来の実力を十分に発揮できると思います。
地図が常に新しいことはレジャーにも仕事にも欠かせないことだと思います。

RECOMMEND

Copyright (C)2017車を買ったらカーナビはマストです.All rights reserved.